顧客が入力する検索キーワードをうまく予測するセンスが必要です。

ライティングにおけるSEO対策

MENU

ライティングにおけるSEO対策

 

記事を書く上でのSEO対策

 

専門用語となるSEO対策ですが、
もし完成したホームページ内に記事を書く機会があるのであれば、
その際にもSEO対策を行わなければなりません。

 

つまり、ライティングにおいては、ライティングする本人、
つまりあなた自身でSEO対策を行わなければならないのです。

 

その意味では、ホームページを持つ以上、SEOの基本的な対策は知っておいた方がいいでしょう。

 

サイト構造における本格的なSEO対策は、
制作会社に任せるとして、ここではライティングにおけるSEO対策を説明していきます。

 

 

 

 

キーワードの重要性

 

検索ボタンの画像

 

顧客はサイトを訪れる際、何らかの必要キーワードを入力し、それに該当したサイトを探します。

 

つまり、あなたがそれにヒットするキーワードを使用することで、
該当サイトの候補にすることができるのです。

 

これにはタイトルにそのキーワードを含めることが大切です。

 

また、検索エンジンは機械とは言え、サイトを評価する能力を持っています。

 

このため、

  • キーワードと直結する内容を意識する
  • 複数のテーマをごちゃ混ぜにしない
  • 長すぎるタイトルを設定しない

これらのことを意識しなければ、評価は低くなってしまいます。

 

ちなみにタイトルの文字数ですが、一般的には28文字前後が望ましいと言われています。

 

 

 

サイト記事ならではの注意点

 

従来の文章では多用するのに対し、サイト記事で避けるべきなのは「代名詞」です。

 

例えば、「男性」をキーワードにする際、
文中に「彼」を多用してしまうと、男性のキーワードにヒットしなくなります。

 

とは言え、毎回男性を使っていては文章が不自然になってしまいますし、
顧客側もあからさまなSEO対策と感じ、記事に魅力を感じなくなってしまいます。

 

これがサイト文章の難しいところでもあります。

 

 

 

 

これらが、依頼者側が意識すべきSEO対策の基本的な知識です。

 

これを上手くこなすには、顧客が入力する検索キーワードをうまく予測しなければならないですし、その意味ではセンスも必要になってきます。