会社の情報をしっかりと掲載し、会社や代表者は写真付きで紹介すると効果的です。

ネット上で信頼されるためのポイント

MENU

ネット上で信頼されるためのポイント

 

基本は自己紹介と同じである

 

自己紹介と聞くと、学生のように思えるかもしれませんが、
企業がネット上で信頼を得るためには、しっかりと自己紹介をすることが大切なのです。

 

何しろ訪問者はあなたの会社を知らないわけですし、
いくら実績をアピールしたところで、それが本当だと示す証拠もないわけです。

 

怪しいサイトが横行したため、訪問者は基本的にサイトを疑ってかかります。

 

極端な話、出血大サービスの料金を謳った記事を載せたところで、
訪問者は「お得」よりも「疑惑」の印象を受けるのが現実です。

 

そうなってくると、いかに信頼を得られるかがポイントになりますが、
そのためには、あなたの会社のことを少しでも詳しく知ってもらうことが重要であり、
自己紹介という基本的な手段にいきつくわけです。

 

 

 

 

掲載すべき紹介内容

 

ここで説明する自己紹介の目的は、

  • 信頼を得ること
  • 知ってもらうこと

これら2つですから、当然それが叶うような紹介文を掲載する必要があります。

 

このため、まずは会社が本当に存在するかどうかの基本から証明し、
会社の住所電話番号、さらに代表者の名前をフルネームで掲載するといいでしょう。

 

また、会社や代表者に関しては、実際の写真も入れると、より信憑性が高くなります。

 

もちろん実績や規模、社員数などを誇りたい気持ちもあるでしょうが、
まず自己紹介がしっかりしていないことには、実績も規模も社員数も疑わしくなってしまうのです。

 

 

 

 

実際の企業のホームページを参考にする

 

PCの画像

名の知れた企業は、
自社ホームページを持っています。

 

こういったホームページを実際に閲覧して、それを参考にしてみるのも効果的です。
何を書いて、どんな写真を掲載しているかをよく確認し、手本としてみてください。

 

 

 

 

特にホームページ制作会社に依頼する際、
ささいなことでも修正すると、それだけで時間やお金がかかってしまうこともあるため、
信頼のポイントは、制作依頼前にしっかりと確認しておいてください。

 

ネットで信頼されるためには、いかにリアルさを感じてもらえるかがカギとなります。
要するに、「本当であること」を訪問者に伝える手段を工夫する必要があるのです。

 

それに効果的なのが、会社の情報をしっかりと掲載し、写真付きで紹介することです。

 

ホームページに使用する写真やイラストについてはこちら