ホームページの姿を明確に伝えるビジネスモデル、依頼書、記事や写真の素材を準備します。

依頼者側は何を準備すればよいのか

MENU

依頼者側が用意するもの

 

ビジネスモデル

 

簡単に言えば、ホームページの用途をまとめたものです。

 

  • どういった目的でホームページを制作したいのか
  • どんな層をターゲットにしたいのか
  • どういった仕組みで収益を得たいのか

など、いわゆるホームページの姿を明確に伝える必要があります。

 

もちろん希望内容によって、プログラム的に実現の可否はあるかもしれませんが、
これを伝えないと、いざホームページが完成した時にお互いに相違点が生まれてしまいます

 

もちろん、提案したことに対して、制作会社も適切なアドバイスをしてくれます。

 

 

 

 

依頼書

 

目標としている売上やアクセス数、制作を依頼する予算や納期などをまとめたものです。

 

これらを元にホームページの規模が決まるため、これも欠かしてはならないものです。

 

依頼書の画像

言葉で伝える依頼者もいますが、相違の防止分かりやすさを考えると、文章にした依頼書として提出することをおススメします。

 

打ち合わせや企画の際にも必要材料になってくるものですし、うまく書くことができなければ、箇条書きのようにまとめても構いません

 

とにかくこちらの希望が伝わるような依頼書に仕上げてください

 

 

 

 

素材

 

ホームページ内で使用する記事や写真の素材です。

 

ちなみに、写真もプロの視点で言えば、ユーザーを惹きつけやすい写真、構図などがあります。
このため、制作会社にアドバイスしてもらうのも一つの手です。

 

参考画像のようなものでイメージを伝えてもいいですが、
できれば実際に撮影したものを提出した方が、制作する方もイメージしやすくなります

 

画像の選別が難しければ、チラシやパンフレットを持参し、
それを提出して制作会社の意見を聞くのもおススメです。

 

 

 

 

以上、依頼者側は、これらを用意して制作会社に相談します。

 

その意味では、ホームページの核を作るのは制作会社ではなく、依頼者側になるのです。

 

このため、依頼者側も全てを任せるのではなく顧客の心理や流行をある程度把握しておくと、より完成度の高いホームページが期待できます。